ハイジのブランコ活用術 ②
おもちゃにしていたかじかじ紙コップ
ブランコがストッパーに

環境161122a
04/Oct./2014


白内障も進み高いところへは飛ばなくなりましたが
早歩きでも慣れた感覚でまだまだ活用

環境161122b
18/Jan/2015

環境161122c

環境161122d


遊び感覚でブランコ移動していたら。。。

環境161122e
21/May/2015


モニターの怪しい光が視界に入ったようです。
25センチ避難

環境161122f


端っこに緊急移動
もう慣れていたはずなのにかなり怪しかったようです。
※モニターの始まりはこちら

環境161122g


ジャンプはできましたが降りるのがこころもとなくなり
ステップに交替するときが来ました。

環境161122h
23/June/2015


ブランコリフトで久しぶりの中段お散歩

環境161122i
26/June/2015

環境161122j

環境161122k


飼い主のお遊びから始まったハイジのブランコ
それほど長いつきあいではありませんでしたが
みんなで活用し楽しいときを過ごしました。

環境161122l


楽しいときがいつまでも続くことが願いでしたが。。。

ハイジのブランコ完結編でした




にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
[2016/11/22 07:00] 環境 | @
ハイジのブランコ活用術 ①
成功裏に終わったハイジのブランコ
ハイジのブランコのチャレンジ

こんなふうに遊んでみたり。。。

環境161120a
26/Sep./2013


セカンドハウスへのリフトもOK!

環境161120b
24/Nov./2013


いろいろ自信がなくなってきた16歳。
冷蔵庫の上には飛んでいきますが帰りはコワイ

環境161120c
23/June/2014


頼まれるとイヤと言えない飼い主が試してみました!
ハイジのブランコでレスキュー

環境161120d


フツーに乗ってきました

環境161120e


初めてのときはちょっと引き気味

環境161120f


今、乗ってきた流木を見つめるぷぅ。
ショーゲキだったかな?
どうして手じゃないの?(ぷぅの心の叫び)

環境161120g


数日経過。。。
もう慣れたもので当然のようにお迎えを待ちます

環境161120h
06/July/2014


なにが楽しいのか。。。
というか、楽しませるためにやっています

環境161120i


そしてお見送りするのがお決まり

環境161120j


落ちないようにゆっくり動かしますが
目的地を覗き込むせっかちなぷぅです。

環境161120k
09/Sep./2014


そしてお見送り

環境161120l


16歳後半から白内障も進んできましたが
無茶なくらいよく飛んでいました。
飛ぶ時は独特の鳴き声つきなので
その度に確認⇒レスキューがセットな晩年でした




にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
[2016/11/20 07:00] 環境 | @
お帰りはリフトで
朝食は飼い主と同じテーブルでモーニングサービス

環境161108a


セカンドハウスに戻るのがモタツクようになった13歳。
でも困っている顔をすれば。。。

環境161108b
14/Jan./2011


飼い主のフィンガーリフトでOK!

環境161108c


サプライズの自然木パーチでもOK!
使えるものは何でも使う

環境161108d
06/Feb./2011


こんなにごちゃごちゃしているから降りにくいのでわ?

環境161108e


してやったりの表情か、有り難い表情か
振り返ってみるぷぅ
でも半年後の夏に急に左足の力の弱りが再発しました。
数日で改善されるもぷぅは違和感があったのかもしれません。

環境161108f


自分で飛び乗ってテーブルお散歩を楽しんでも

環境161108g
18/Feb./2012


お帰りはこちら

環境161108h


直線はまだまだ飛び回っていましたが
急な傾斜を飛び降りた時の踏ん張りが不安だったようです。
というか、障害物が多すぎましたね。今頃気づきました

環境161108i


まだこの頃はスルーしても自力で降りられました。
どこかが弱っても他でカバーするので見落としがちです。
足が弱っても嘴や翼の力(と飼い主)で困らないのです。

上手に意思疎通を図る愛鳥に使われて。。。




にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
[2016/11/08 07:00] 環境 | @
ケヤキの小鳥への最終形態
アナログTVから薄い地デジになったときに
泣く泣くケヤキカフェは閉店(置き場所がないため)
しばらく出窓のオブジェと化していました。
ここまでは飛んでいきませんでした。

環境161013a
26/Jan/2012


ケヤキの小鳥に執着する飼い主は
ケヤキスタンドにリニューアルオープンしました~
※ここまでくるとコザクラ並みの執着です。

環境161013b
04/Oct/2012


ぷぅも年齢的にチャレンジや刺激生活も卒業の頃。

環境161013c


表情が。。。わかりやすいぷぅです

環境161013d


撮影に一応付き合って。。。

環境161013e


セカンドハウスへ飛び立つ態勢

環境161013f


半年もたてば余裕で水浴び後のお手入れ
※連れて来られました。

環境161013g
14/May/2013


ごつごつした感触が気持ちいい!

環境161013h


絵になりますね

環境161013i


これは!自ら移動しました!

環境161013j


カッコよく決めている15歳の初夏

環境161013k


ときどき気分転換に連れてこられる16歳の秋

環境161013l
03/Oct./2014


飼い主もぷぅもチャレンジがブームだった頃のお話。
お付き合いいただきありがとうございました




にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
[2016/10/17 07:00] 環境 | @
ケヤキの小鳥への実現 ②
ケヤキカフェの常連さん
枝から。。。

環境161003a
18/Apr./2011


枝へ

環境161003b


白樺プレートは思い出のグッズで鍋敷きだったものを
工房の友人にお願いしてくぼみをつけてもらいました。

環境161003d


食べるスタイルはお任せで

環境161003c


水浴びの後のお手入れにもいいですよ。
嘴周りをごしごしします。

環境161003e
15/June/2011


適当な太さを自分でみつけて
も踏ん張りやすい。。。

環境161003f
29/June/2011


太いパーツもたまにいい刺激。

環境161003g
03/Aug./2011


アナログ時代のTVの上に設置していたので
地デジ化の波に押されてチューナーで頑張ったけど
惜しまれつつ5か月で閉店しました

環境161003h
25/Sep./2011


今は素敵にアレンジしている飼い主さんも多いですね。
みんな楽しそうです
試行錯誤しましたが枝から枝の小鳥体験。
みんなで楽しめました




にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
[2016/10/03 07:00] 環境 | @
ケヤキの小鳥への実現 ①
セカンドハウスの前でのチャレンジは失敗
段ボール箱遊びを見せつけられた3日後
ケヤキカフェをオープンしてみました!

環境161001a
10/Apr./2011


プレートは白樺なべしきのアレンジ

環境161001b


やはりお昼のおやつには弱いぷぅです

環境161001c


方向変換もOK!

環境161001d


一週間後。。。
違う枝にも止まれるようになりました

環境161001e
17/Apr./2011


自分から飛んで来ておやつタイム
基本的に放鳥タイムのおやつはこれだけです。

環境161001f
08/May/2011


食後のお手入れも余裕で

環境161001g


食後の伸身運動!

環境161001h


一か月経過。いい顔じゃないですか?
少なくともあの顔よりは。。。

環境161001i
17/May/2011


環境161001j







にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
[2016/10/01 07:00] 環境 | @
ケヤキの小鳥への道 ②
翌日も、まだここにあったの。みたいな感じ

環境160923a
06/Apr./2011


サービス精神でピピちゃんなしでも止まってみました。
やればできる子です
枝から枝へ飛ぶ小鳥を見たい飼い主です

環境160923b


ちんまりするぷぅ。
同じ場所で方向変換しただけ。
表情が。。。無い

環境160923c


その翌日、鳥が変わったようにキラキラしています

環境160923d
07/Apr./2011


オーブンが入っていた段ボール箱を見つけました!

環境160923e


動き回るたびに不安定に揺れても。。。

環境160923g


紙切りしたい放題。
ビックサイズの段ボールには動じません

環境160923h


あっ!段ボールから段ボールへ飛ぶ小鳥
だいぶ齧っても腰に差し込んだまま、まだまだやる気

環境160923f


これもある意味小鳥らしい生活。知育にもいい?
といっても、もう13歳でしたから老化防止ですね
生き生きしています

環境160923i


微妙な気持ちで見守る飼い主でした
自然木の枝に慣れさせるのが遅かったようです。
いろいろ選択肢があって自分で選ぶのもいいですね。
もちろん安全かどうかの判断が最優先ですが
野生下では親がお手本になって教えるそうです。

ケヤキの枝の小鳥への道は一日にして成らずのお話でした




にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
[2016/09/23 07:00] 環境 | @
| ホーム | 次のページ>>

いらっしゃいませ!

Ranking




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

Pooh's Favorites

鳥用品