ぷぅが生まれた日
1月20日にぷぅのパーツを再確認してみました

歴史170120a
20/Jan./2014


目は二つで、出ている範囲が広く
広範囲を見ることが出来ます。
放鳥タイム終了時には逃げ足が速かったです。

歴史170120c


注意して見たいときは片目で集中。
いつも視線を感じていました。

歴史170120d


便利な嘴は物を確認したり
愛情表現したり。。。凶器にもなります

歴史170120e


大空は飛ばなくても必需品の風切羽。
狭い環境でも上下左右斜め、方向変換、
ホバリング、急停止、なんでもカッコよくできます!

歴史170120f


お手入れは全部自分で出来ます!

歴史170120b


足は2本で足指は前と後ろに2本ずつ。
ジャンプしたり、歩いたり、つかんだりできます。

歴史170120g


長持ちしました。
瞳は白内障でも水晶のような輝き

歴史170120h
23/Sep./2015


さいごは自然に逝かせてあげられず後悔ですし
6か月の闘病の記憶が息苦しくさせますが
17年と9か月はほぼ健康で楽しい思い出ばかり。
心身ともにぷぅみたいに年を重ねていきたいな




にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
[2017/01/20 07:00] 歴史 | コメント(8) | @
ぷぅと卵
意味なく入れていた巣箱
いつの間にかふかふかベットが出来上がり
まだ1歳にもならないのに作り方を知っているのね。

歴史170112a


産卵するまで気づかないという。。。
体重測定の習慣もありませんでした。
卵は短時間で形成される?

歴史170112b


初産卵は真冬の11か月。1998年12月28日
3個目は2日あいてすごく辛そうにしていましたが
あわててつけたエアコン設定が22℃だったという。。。
室温が10℃切っていたので上げる気持ちはありました。
恐ろしすぎて記憶が鮮明です

歴史170112c


2003年6月の鳥生最後の産卵。
2歳の転居をきっかけに発情騒動となり
巣箱は設置せず、阻止できない状態のときのみ。
普段はやんちゃでも抱卵のときは
大事に大事にお腹の中にしまいます。
そんな姿を見ると子育てさせてあげられなくて
不甲斐ない飼い主でゴメンね。になってしまいます。

歴史170112d


5歳半以降はお蔵入りの巣箱。
お別れ前に9年ぶりの再会。

歴史170112e
26/Sep./2012


最後の晩餐(おやつ)

歴史170112f


再燃しそうな顔していますね
体重や下腹部の加減で仕方なく巣箱設置した時も
え?いいの?!というこんな顔していました。
巣がある程度整っていないと産卵しないタイプ。
抱卵3週間つきの限定セットで。

歴史170112g


何度か書いていますがぷぅの場合は
転居後の毛引き発症でぷぅのしたいようにして
好きな時に遊んで(放鳥) 不規則なリズム
高カロリーシード食べ放題 保温過多などが原因。

一つ一つ改善しましたが、ぷぅにとって本能的に産卵は使命。
やり方を極端にしたときにウツみたいになってしまいました。
ホントです!

僭越ながら産卵に代わるものを提供することが
飼い主の使命となりました。
一羽飼いか多頭飼いか
飼い主が在宅か日中お留守番か
人間の家族が少ないか多いか
その子の個性と環境に応じて
いろいろな選択肢があるのですね




にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
[2017/01/12 07:00] 歴史 | コメント(4) | @
やっぱりノーマル?
動画からキリトリしたヒナ時代のぷぅ

窓から見える空にキラキラ
1998年3月頃。
実はこの頃にレースのカーテンを開けた窓に飛んで行き
激突落下したことがあります。
当時は高層だったので大空に向かって行くイメージです。

歴史170110a

5分くらい固まり脳震盪状態だったと思います。
目は開けていて立てましたが反応しませんでした。
懐に入れて挿餌の準備をして音をたてると
やっとヒナ鳴きしてごはんちょーだい!でした。
後遺症はありませんでしたが危ないところでした。


地味なカラーと当時は思いましたが
今ではヒナでもやっぱりノーマル?と思ってしまいます

歴史170110b


ぷぅには広すぎる空間にチャレンジ

歴史170110c


まだこの頃はすぐ寄ってきました

歴史170110d


ヒマワリ増量シードミックス食べ放題
ラブバード用のシードミックスはカロリー高いけど
フツーに販売されています。

歴史170110e


「かわいいね~」と声掛けしているところです。
自分でわかっているのでしょうか?

歴史170110f


今では色とりどりのコザクラインコ。どのカラーも魅力ですが
ノーマルは最初に神さまが決めたデザインが魅力かな?
いつかアフリカのコザクラの群れを見てみたいですね




にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
[2017/01/10 07:00] 歴史 | コメント(10) | @
ぷぅ’s Library がⅡである理由
ブログを見て写真の多さに注目してくださる方々が
少なからずおられます。
それでも3歳くらいまではフィルムカメラのため少ないですし
保存の仕方を誤って上書きしてしまったものも多いです。

歴史161224g
03/July/2005


写真が多い理由は単純に鳥生が長かったことに加えて
実は。。。
9年1か月ほどぷぅブログを続けていました。
家族だけが楽しむ個人情報満載の非公開ブログ。

「ぷぅ’s Library」

歴史161224a


なぜLibraryなのかというと。。。
ブログでぷぅの個性&飼育状況が調べられるように。
といっても非公開ですから情報発信ではなく個人的な
飼い主の覚書&お預けが必要になった場合の備えです。

歴史161224b
20/Jan./2015

カメラも腕もそれなりでしたがぷぅが毎日のように
ネタを提供してくれて撮影に協力的。
載せている内容はそのままのストーリー。
※再現してもらった写真はアリ

プロフィール写真

歴史161224e


寿命を意識した8歳8か月からスタートして
これほど長く一緒にいられるとは思いませんでした。
18歳へのカウントダウン100記念

歴史161224d
12/Oct./2015


初めての危機的状態に祈るような気持ちで
昨年の11月に新設したのがⅡになります。

歴史161224c
15/Sep./2015


始めた理由が理由なだけに老鳥の闘病ブログ。
半年もしないうちに主役がいなくなりました。
本日より3週間ほどお休みして来年1月で終了します。

4月14日という日の後も
ぷぅのことを見てくださりありがとうございました!




にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
[2016/12/24 07:00] 歴史 | @
キリ番プレゼントのお話
昨日のブログのスクリーンショット

キリ番161031a


表示されたカウンターが11111のキリ番です。
どなたが訪問されたのかな?
今日の注目は壁紙のイラスト

キリ番161031b


ネット人口がまだ少なくブログというものが広まる前に
ホームページという形でいろいろな情報発信がありました。
鳥に詳しい病院も少なく、飼い主さんの実体験は貴重。
指定されたアクセスカウンターの番号に応じて
キリ番プレゼントというイベントがありました。

2002年くらいにコザクラ飼いの方のキリ番を見事に踏み
なんと!オリジナル壁紙を描いていただきました!


キリ番161031c

それが現在のブログの背景になっています。
おしゃべりが得意なぷぅらしい素敵なイラスト
個人使用の許可をいただいて名刺やポストカードにしました。
14年の時を経てこのような形で活用できるとは夢にも思わず

キリ番161031d


当時、手掛けておられたコザクラコミック。
コザクラインコのリアルな個性満載です
ちょうどこの記事を下書きしてキリ番を待っている間に
ブログ開設のメールが!こざくらいんこと四半世紀。
(旧サイトは残念ながら閉鎖されブログで再開)
天屋天子さん、ありがとうございました!

キリ番161031j


 


ウトウトしているぷぅの横には。。。

キリ番161031e
04/Dec./2009


同じポーズのぷぅちゃんオリジナルステッカー

キリ番161031f


1歳の頃にイラストレーターの友人に書いてもらったぷぅ。
これはステッカーにして最初の引っ越しお別れに配りました
その後、その街ではぷぅステッカーを貼った車が
30台くらい走っていたという嘘のようなホントの話。

キリ番161031g


蛇足ながら。。。
飼い主の駄作の前でポーズをとる11歳のぷぅ
※色鉛筆画もどき

キリ番161031h
01/Jan./2009


16歳半。。。

キリ番161031i
23/July/2014


ステキなキリ番プレゼントとイラストの懐かしいお話でした


今日で当ブログも1年満期を迎えました。
飼育情報としては少しも参考になりませんが
拙い写真や文章を見にきてくださり感謝です。
キリがいいところなのですが
ぷぅの思い出がまだまだ溢れ出てきます。
主役がもういないのでいずれ終るときが来るでしょう。
エピソードが尽きたときか
気持ちの糸が切れたときかわかりません。

ぷぅとの濃いライフストーリー。
もうしばらく綴ってみようかなと思います。




にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
[2016/10/31 07:00] 歴史 | @
祝! 19年目のスタート
愛知県の半島にあるペットショップに
コザクラインコを注文してやってきたのが出会い
一目惚れ。。。のタイミングはありませんでした。
ちなみに生体価格¥4980

当時はコザクラといえばふつうにノーマル
他ゴールデンチェリー、ブルーチェリー、タイガーチェリー。
ラブバードマニアの飼い主さんが
珍しい色変わりやペレットなど導入していた程度の時代。
ぷぅは粟玉育ちでレトロなコザクラ。
フィルムカメラの時代ゆえ小さい頃の写真も少ないのです。

5歳

ギャラリー160219a


当時は寿命が10年くらいという情報だった気がする。
8歳くらいから寿命を意識して覚悟をしてみたけど
今は長生きコザクラさん多いですね

10歳

ギャラリー160219b


我が家が大きな買い物をしてペットを飼えるようになった
翌年なので間違いなく18年前の2月19日。
名前は鳥と言うとピーちゃんとかピッピとかぴーのすけだから
ピーはやめようということで「ぷぅ」(風羽)
※ピーのつく名前の鳥さん、ごめんなさい

15歳

ギャラリー160219c


転勤で2度引っ越しましたが、現在の自然豊かな環境で6年半
老化がスローペースになった感じでした。
この半年で一気に老いがきました。
当たり前ですが飼い主も負けていません。

18歳

ギャラリー160219d


性格は雛のときから変っていません。
喜怒哀楽をハッキリだすタイプ。
昔のコザクラ女子ってこんな感じでした。
これまでも楽しいことたくさんやってきましたが
これからも小さな楽しいこと見つけていきたいなと思います

※クリックすると大きくなります。






にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
[2016/02/19 07:00] 歴史 | @
シードカップ物語 外食編
放鳥タイム命のぷぅが素直に籠に戻れるように
外食はおやつ程度のみ(空腹にさせる)
朝だけは起床と共に放鳥なのでオープンカフェ

歴史160126a0710
10/2007


クレームブリュレの素焼きの丸みが具合良かった
お昼放鳥のおやつ

歴史160126b
11/2010


ある時、飼い主のミスでブロウクン
騒ぎに駆けつけたぷぅ。。。

歴史160126c1002
02/2010


クレームブリュレを購入しようと思ったら器が変っていた
2011年6月に旅先のひゃっきんで見つけた器

歴史160126d


15歳になった頃、朝食のあとセカンドハウスにもどるのに
おねだり目線が。。。

歴史160126e1301
01/2013


高さと距離が微妙だったのか
自分で戻るのを躊躇するようになった

歴史160126f1301


それからはモーニングはセカンドハウスで

歴史160126g1307


16歳になり、足がもたつく様子が見られるように。
段差1.8センチの足に優しい食卓に

歴史160126h1402
02/2014


正真正銘の小鳥用品はいい感じです

歴史160126i


介護中の現在は籠の中でも愛用しています。

※シードカップ籠編はこちら
http://poohkochan2.blog.fc2.com/blog-entry-68.html




にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
[2016/01/26 07:00] 歴史 | @
| ホーム | 次のページ>>

いらっしゃいませ!

Ranking




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

鳥用品