皮下出血による翼の腫れ 病院へ 2
※患部の写真がありますのでご注意ください。

何も進展のないまま5日が終わり
おやすみ籠に入れましたが様子がすぐにわかるように
居間に置いて厚めのカバーをかけました。
でもぷぅが音に反応してしまうのでいつものように隔離。
夜9時ごろに様子を見に行くと。。。



やはり出血していました!!!

健康160112a0522


患部をみると小さくなっています。(脇側)
幸い出血は止まっていました。
発見時、ぷぅはロープで落ち着いていましたが
飼い主J&Tがパニックになるとぷぅもハイテンションに。
1時間ほどすると落ち着いて静かに寝ました。


小さくなってヤレヤレと思っていましたが
翌6日の朝にはすでに皮下出血となり腫れていたのです。

健康160112c0608


ぷぅは何事もなかったように羽の汚れをとっていました。
機嫌はずっといいのです。

健康160112d0608


前夜、出血騒動があった籠で車に揺られて再び病院へ。。。

健康160112f0613


翼をあまり広げることがないようテーピングされました。
バランスがとりにくくなるので見守ります。
ぷぅはテープにも腫れにもあまり反応はありません。
こういう繕いはドキドキしますが。。。

健康160112j0615


皮下出血がある時点で出血していることになるので
貧血予防に鉄分のサプリメントを頂きました。

健康160112a


その晩からおやすみ籠はベビーモニターで監視体制。
ベッドでこちらを見ています。

動きはもたつきますがシードを食べたり
ロープで糞をするのも確認できます。
アップにすると呼吸状態もわかります。
夜中は同じ部屋で寝ています。

健康160112k0823


出血はぷぅがつついた可能性が高いですが
見ているところではそれほど激しいことはしません。
なかなか吸収はされず日が過ぎていきました。

ここまでは9日までの状況です。




にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
[2016/01/12 07:00] 健康 | @
| ホーム |

いらっしゃいませ!

Ranking




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

鳥用品