保温物語 ぷぅの場合 2
10歳までに20℃
14歳までに23℃
17歳の冬まで25℃
注意していたのは最低気温と放鳥部屋との温度差です。
放鳥タイムが朝昼夕の各1時間が日常で
部屋は冷暖房いれたとしても季節感は否めません。

これは寒い膨羽では?
キッチンの隙間を見つけて出たり入ったり
時は1月。暖かい空気の死角です。
背中の膨らみ方はもしかしたら警戒しているのかも。
ここで遊んでいると飼い主に怒られるからです。

環境160331a
01/2012


ペットボトル置いたらお尻をぬくぬくしていました
いつでもどこでも簡易暖房 表情が違いますね。

環境160331b1201


これは9月上旬、最低気温が20℃をきり最速の登場でした。
例年より5℃以上低い急激な温度変化でした

環境160331c1309
09/2013


ヒーターの真上の、籠の中でも一番高い所。
これは100%寒いふくふく?
籠内の温度差も、ふくふく膨羽でお任せです。
ぷぅが居る場所で体調がなんとなくわかりました。
15歳からヒーターは年中セットしたままになっています。

環境160331d1401
01/2014


たれぷぅちゃん

環境160331e1412
12/2014


遠赤ヒーターでセカンドハウスは暖めてあるのに
置いてあったペットボトルを落してエリアを広げるぷぅ

環境160331f1501
01/2015


こんな保温環境だったので、ノリが悪そうな時は
2℃上げるだけで回復していました。
個体としてのぷぅの丈夫さに助けられてきました。
不足だらけの飼い主ですが、試行錯誤しながら
18歳のぷぅの介護、頑張りたいと思います




にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
[2016/03/30 07:00] 環境 | @
| ホーム |

いらっしゃいませ!

Ranking




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

Pooh's Favorites

鳥用品