ベタ慣れへの道 ②
14歳の冬には少し余裕も。。。
180°首回転するのでスリルもあり

生活161021a
08/Feb./2012


頭にチビ羽乗せて

生活161021b
02/May/2012


放鳥終了時、籠に入る前の日課になりました。
それでも5分くらいが限界

生活161021c
08/Oct./2012


15歳にしてはかわいくないですか?⇒飼い主バカ

生活161021d
02/May/2013


キャッチャーごっこ

生活161021e
27/Nov./2013


この体勢はやっぱり緊張感あり?

生活161021f
23/May/2014


17歳にしては。。。

生活161021g
14/Apr./2015


白内障が目立ってきました。
思い返すと。。。
手のひらの温度や許容時間や空腹が気になって
ずっと抱っこする思考は薄れていた気がします。

生活161021h
19/Apr./2015


羽の状態チェックは二人がかりで。

生活161021i
20/July/2015


右の翼の腫れが出てからはこのスタイルが精一杯。
夜食タイムでは、おやすみ籠の暗がりの中
着実に手のひらに飛び込んできました。

生活161021j
04/Feb./2016


手乗り歴18年3か月。
最期のときくらいは、とイメージしていましたが
あの日が最期になると思うほど弱っていませんでしたし
気もしっかりしていた。一人で逝かせてしまいました。

ベタ慣れへの道は遠く、憧れもありましたが
気がつくと籠からじっと見つめていたり
飼い主の会話、行動にチューニングを合わせていたぷぅ。
ぷぅにとってはそれが心地よい距離感だったのでしょう。
気持ちはずっと通じていた気がするのは不思議です。

個性豊かなコザクラインコ。どこのコザクラさんも
それぞれのライフスタイルの中で十分に発揮されていますね




にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
[2016/10/21 07:00] 生活 | @
| ホーム |

いらっしゃいませ!

Ranking




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

鳥用品