ベタ慣れへの抵抗と対策
カメラ目線での噛み噛み。
これは写真を撮る余裕があった程度ですが、レベルは出血
関節に入った?、皮膚がプチっという音、息が止まりそうなど

生活161023k
18/July/2007


イレギュラーに長いお留守番が続いたある朝の噛み噛み。
流血は免れましたが涙目です
キリキリではなくハグハグするタイプ。
(噛まれたことのない飼い主さんにはわからない表現かも)

生活161023l
21/Dec./2011


だいぶ丸くなってきた16歳の初夏
3日間連続の保存写真がありました。
ニギニギ、というより保定の日々訓練!
放鳥タイム終了のひととき

生活161023a
23/May/2014


伸身!

生活161023b


2分くらいで。。。

生活161023c
24/May/2014


くねくね。。。

生活161023d


伸身!

生活161023e


エネルギー切れのはずが。。。

生活161023f
25/May/2014


視線の先はさっきまでいたセカンドハウス。
籠に入る前には一応抵抗するのがお決まり

生活161023g


抵抗パフォーマンスの噛み噛み

生活161023h
28/Sep./2014


17歳になっても噛む意思は健在

生活161023i
21/Jan./2015


ガルルルル。。。老鳥の威嚇
この時は大好きだったカメラが怖く見えたのかもしれません

生活161023j
06/May/2015


ぷぅを飼い始めた頃のコザクラと言えば
噛まれたら流血沙汰はよくあることで優しい子がいると
「コザクラにしては。。。」がつきました。
出血大サービスなしでは仲良くなれません。

ぷぅの場合の対応は
①噛まれるようなことは避ける(ぷぅにだって理由はある)
②反応せず痛くないフリをする(喜んでいると勘違い)
③噛まれた指を引くと致命的なので押し返す(ぷぅもひるむ)
④痛みに慣れる(皮膚も心も丈夫に)
⑤噛まれてもかわいいという飼い主の鏡になる

闘病中は噛まれても元気な証拠!の心境でした。
元祖コザクラ女子のスタイルをしっかり守ったぷぅ。
どこのコザクラさんが受け継いでくれるのかな。。。

※最近は噛まない子が多いですが
その方が獣医さんも助かるし
鳥に慣れていない人とも触れ合いができていいことづくし




にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
[2016/10/23 07:00] 生活 | @
| ホーム |

いらっしゃいませ!

Ranking




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

鳥用品