TOYA・とや・トヤ ①
換羽(かんう)は生きていくために必要なシステム
個体差はあっても定期的に自動更新されます。

年齢を意識して8歳くらいから記録していました。
※抜けた大量の羽毛の写真があります。

健康161206a
20/Dec./2006


ぷぅは成長途中のツンツン筆毛が目立たないタイプ。
鞘が取れて開きかけてから伸びる感じでしょうか。

健康161206b
11/Feb./2007


年に3~4回くらい大規模換羽がありました。
記録を見ると寒い時期の方が間隔が短かったです。

健康161206c
15/May/2007


似たような写真ですが、大規模なときはどっさりと

健康161206d
20/Jan./2008


さすがにお疲れ

健康161206j
16/July/2008


一番暖かい場所でじっとすることが多くなります。
開いた筆毛でもこもこです。
もちろん放鳥タイムアピールは通常通り

健康161206e
21/Jan./2009


いつももったいないと思っていました

健康161206f
10/Sep./2009


11歳後半になってくるとツンツン筆毛の目撃も

健康161206g
24/Nov./2009


ぷぅの場合、発情の終息の見定めになり
産卵はなくても発情の波はあったので
換羽がくるとホッとしたものでした。

これは秋の先取り換羽

健康161206h
09/Sep./2010


みかん畑を眺めているぷぅに残った筆毛発見!

健康161206i
19/Oct./2010


記録をつけはじめてから数年は
夏季は約2か月、冬季は約1か月半というサイクル。
抜けはじめから生え揃うまで約1か月でした。
数字的な記録は水浴びサイクル含め規則正しかったです。

加齢とともにいろいろ変化が観察されるようになりました




にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
[2016/12/06 07:00] 健康 | @
| ホーム |

いらっしゃいませ!

Ranking




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

鳥用品