ぷぅの足の力が入らなくなった時のお話
何度か小出ししているぷぅのグリップの問題
10歳のときに発症してから忘れた頃に表れました。
17歳の2月もいきなりでした。

朝はフツーに元気良く起きてきて、もりもり食べて
フツーに籠に入って奥のパーチで羽繕い
1時間くらいたった頃にぷぅが呼び鳴きするのです。

健康180301a
※写真はイメージ2日前のもの。

深刻な感じはなく、なになに~?と見たら。。。
ケンケンしていたのです!
緊急特別病室
※ぷぅはプラケやキャリーでの安静をしたことがないので
籠のままでしたが、そもそも病室になるのも初めてでした。

健康180301b

籠にいつもない物があると怒るのにその元気はなく。
ひたすら眠り続ける。。。

健康180301c

2時間後。。。動いた!

健康180301d

左足を浮かせて。。。痛いのか麻痺なのか。
これまで主治医の観察と飼い主の観察は違いました

健康180301e

ワンコの頭を使ってステップ
嘴で引っ掛けながら。。。

健康180301f

ジャンプ!左足は握っていません

健康180301g

翼は使えるのでパーチに飛び上がって
右足でしっかり握ってもできました

健康180301h

いつものお昼放鳥のおやつ
左足は乗せているだけ

健康180301i

午後からも引き続き安静を心掛ける
というか、ボレー粉が全部落とされている!いつの間に?

健康180301j


夕方には60%くらい回復したので
おやすみ籠で早めに消灯しました。
不調を知らせて自ら安静。しっかりしていましたが
さすがにサポート態勢を整えようと思いました




にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
[2018/03/01 07:00] 健康 | コメント(3) | @
<<足が弱って2日目と3日目のお話 | ホーム | 18歳の窓辺は希望に満ちて>>
コメント
--管理人のみ閲覧できます--
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2018/03/01 13:37] | # [ 編集 ]
--(* ^-^)ノこんばんわぁ♪--
やはり最期が近くなると見ているのが流石に辛くなります。
頭の良いぷうちゃん最期まで変わらずでしたね
こんなに人間に近いインコさんもいないでしょうね
私の子じゃないけどやっぱり切ないです
長生きしてくれたぷぅちゃんだけどもっと生きてその先のぷぅちゃん見てみたかったなぁ
でも素敵な鳥生だったことは間違いないですね(^-^)
[2018/03/01 23:55] URL | おけい♪ #- [ 編集 ]
--Re: (* ^-^)ノこんばんわぁ♪--
おけい♪ さん!

病気知らずでいると看病の経験値が低くて
判断の甘さがありますね。
またその逆もありで、すぐ病院に駆け込んで余分なストレスをかけてしまったり。

考えたり勘を働かせたりいろいろですね。
やっぱり血の通った生き物ですから、いろんなことが起きます。

アオくんの欠伸、移ってしまいそうです!(笑)
[2018/03/02 19:55] URL | 風羽子 #cSBotvtQ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

いらっしゃいませ!

Ranking




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

鳥用品