病室リフォーム
鳥生最大の試練が始まった8月
あれから籠の環境も闘病スタイルに変わっている。
様子見の日はとりあえず食べられる物を下に。
ムキエサ、オーチャードクラス
好物のおやつセット

環境151209a201508


でもやっぱりここで必死に耐えている感じ
右肩の固定?

環境151209b


翌日の骨折診断後に上に行けないようにすべて撤去。
トイレ用のパーチは下げ+二度目の底上げ
ヒュッテから出て来るのに無理があったので
ステップをはめ込む。

環境151209c


この頃はわんこベッドよりヒュッテで安静にしていた。
ヒュッテは両側を固定するのに具合良さそうだった

環境151209d


ステップはすでに使用していたから違和感なし

環境151209e201507
07/2015


骨折から二週間経過し順調に回復。

環境151209f


夜はおやすみ籠に行かず24時間体制病室のままで
アクリルケースをすっぽり遮光カーテンで覆う
ぷぅはクレームする勢いはなかった。
人間がエアコン使用してもケース内30℃をキープ。
布団を持ち込み添い寝した

環境151209h


投薬10日目お薬が効いて元気になりつつある頃。
今思えば効き過ぎるお薬だったね。。。

環境151209g


病室というとプラスチックケースかキャリーか
籠の底をはずすというイメージ。
闘病経験のないぷぅは狭い所に長く居た経験がない
目の問題もあったので体が覚えている環境を残し
最終的に15センチ底上げ、37センチ高になっています。
この籠のままで再度底上げするか、おやすみ籠(+底上げ)をメインにするか、ぷぅの動きと相談しながら柔軟に対応できたらいいなと思っています。



にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
[2015/12/09 07:30] 環境 | コメント(2) | @
<<初代キャリーの思い出 vol. 2 | ホーム | 食生活の歴史>>
コメント
----
ぷぅちゃんが使いなれているステップをヒュッテの
下に!!なんというグッドアイデア♪^^
カゴの広さを変えていないからこそ出来るリフォーム
ですし、なんといっても危険を回避しつつぷぅちゃんの
「上にあがったよ~」という満足感を尊重できます
ものね♪
モンは足に症状が出てるので我が家では思いつかなかったアイディアです。
またまた勉強させていただきました~
[2015/12/09 08:41] URL | 北山 #WO.8kER. [ 編集 ]
--Re: タイトルなし--
北山さん!

おかしなリフォームを見ていただいてありがとうございます。
どうしてもぷぅの動きを優先になり過ぎてしまい
ダメなものはダメという姿勢も必要ですね。

上のロープを撤去した時は上を見上げて「あ~ないんだ~」みたいな顔をしましたがすぐに順応していました。体力なかったし。
今思うと籠の内側にプラスチックや厚手のビニールクロスを取り付けて、網にしがみつけないようにすればよかったと思います。ぷぅの元気が本当の元気じゃない場合もあるということ学びました。投薬で出来ていた動きでもあるので。
過剰産卵の時は心を鬼にしましたがこれからもしっかりしないと!



[2015/12/09 19:40] URL | 風羽子 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

いらっしゃいませ!

Ranking




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

Pooh's Favorites

鳥用品